タイトル画像「消費者イラスト」

全青司大阪全国研修会・第6分科会 Street Law 〜生きる力の「法」教育

全青司大阪全国研修会分科会会場風景写真 担当:京都青年司法書士会
全国青年司法書士協議会
大阪全国研修会第6分科会
Street Law 〜生きる力の「法」教育〜
の企画を後援しました。

日時:2008年9月13日(土)午後3時30分〜6時15分
会場:大阪国際交流センター 

分科会の内容及び登壇者等(敬称略) / 発言要旨

井沼淳一郎(高等学校教諭・当ネットワーク賛助会員)
杉浦真理(高等学校教諭・当ネットワーク賛助会員)
小牧美江(大阪司法書士会・当ネットワーク事務局長)
コーディネーター
伊見真希(日司連法教育推進委員会委員長・当ネットワーク会員)
司会:西脇正博(京都青年司法書士会・当ネットワーク会長)
■発言要旨■  (一部、発言者により加筆・訂正をいただいた部分があります)
1、法教育を取りまく現状の整理 (PDF 26KB)
2、司法書士の法教育活動を振り返る 〜歴史 & アンケート結果から〜 (PDF 21KB)
   資料:司法書士の法教育・消費者教育活動年表(試作版)
   資料:法教育アンケート集計結果(PDF 28KB) (資料提供ご協力:京都青年司法書士会)
3、司法書士と取り組んだ授業・その1(井沼報告) (PDF 20KB)
  〜契約・悪質商法の授業から労働問題の授業へ〜
4、司法書士と取り組んだ授業・その2(杉浦報告) (PDF 20KB)
  〜多重債務問題の授業「法律は変わる、国民の手で変えることができる」〜
5、2つの実践報告を受けて(質疑応答・意見交換) (PDF 38KB)
  〜誰でもどの学校でもできるのか、労働の授業、市民向け法教育、他〜
6、まとめ (PDF 25KB)
  〜消費者教育と法教育、「生きる力」とは、そしてこれからの「法教育」〜